スマートフォン | PC

戦国武将ランキング

1208票

桶狭間の戦いの勝利を契機に、天下取りレースの先頭に。
世襲にとらわれず、秀吉や明智光秀などの有為な人材を次々と抜擢。
楽市楽座などの規制緩和で商業振興を図ろうと試みた。天下統一目前、明智光秀の謀反により京都・本能寺で敗死した。


898票

戦上手で有名をはせた。ライバル武田信玄とは信濃・川中島で数次にわたり合戦。武田方に「塩」を送り窮地を救った逸話も。


721票

「家康が最も恐れた男」。
大阪夏の陣で赤い鎧(よろい)で統一した軍団を率いて、家康を後一歩まで追いつめた。


631票

上杉謙信・景勝に仕え、文武の才を備えた知将。
「愛」の兜(かぶと)がトレードマーク。大河ドラマでも注目を集めた。


598票

人質として不遇な幼少期を過ごす。
織田・豊臣時代にに力を蓄え、大阪夏の陣で豊臣家を滅ぼし、江戸幕府の基礎を築いた。


569票

幼少期に右目を失明「独眼竜」と称される。
一時は東北地方に広く領土を拡大。大河ドラマで渡辺謙さんが熱演。


486票

「風林火山」の旗印で有名。率いた騎馬軍団は「戦国最強」と恐れられた。領国経営にも才覚を発揮した。


460票

信長に見いだされ、草履取りからとんとん拍子に出世。信長の死後に天下統一、関白にまで上りつめた。
その人気はなんと幕末・明治にまでさかのぼり、長く続いた徳川幕藩体制への反発、そして立身出世のシンボルとして祭り上げられ、安田財閥を起こした安田善次郎など、秀吉伝記の愛読者は多かったという。


409票

秀吉の参謀。天才軍師として名高く、黒田官兵衛と並び「二兵衛」と称される。36歳の若さで病死した

386票

秀吉に取り立てられ、内政面で力を発揮。関が原の戦いで家康率いる東軍に敗れ、処刑される。無謀な戦いに挑んだという非難もあるが、豊臣家への忠義心は最も高かったといえる。


(11)黒田官兵衛 351票
(12)前田利家 303票
(13)明智光秀 256票

織田信長の重臣の一人で、 朝廷や各大名との交渉役等、政治面で活躍したが、後に本能寺の変を起こした。


(14)毛利元就 250票
(15)山内一豊 157票
(16)加藤清正

秀吉子飼いの武将で、賤ヶ岳の七本槍の一人。熊本城を築城したことでも有名。近年は清正の井戸で知られる存在に。


16位以下の他は、真田昌幸、斎藤道三、島津義久、上杉景勝と続いた。
(このアンケートは3581人が回答いたしました)

参照:朝日新聞 無料会員サイト「アスパラクラブ」より



スマートフォン | PC